ドイツ語の発音をマスターしてしまおう!

ドイツで現地の人とドイツ語で会話をしていたけど、全然通じなかった…なんて苦い経験をされた方も少なくないのではないでしょうか?
また、ドイツに興味があってドイツ語を学んでみたいけど、発音が難しそう…なんて方もいらっしゃることでしょう。

ドイツ語の発音は基本的にはそこまで難しいものではありません。
極端な話をしてしまえば、基本的な部分は英語の発音よりも簡単だったりするんです。
その理由として、ドイツ語がほぼローマ字読みだから…ということが挙げられます。
たとえば、バターのことをドイツ語では『Butter』と表記しますが、この発音は『ブター』なんです。
同じように、英語と綴りが同じである『Name(名前)』も、ドイツ語では『ナーメ』と発音します。
このように、基本的にはローマ字読みで十分なので、英語よりは簡単なのです。

しかしながら、ローマ字読みをしなかったり、ドイツならではのアルファベットの発音が複雑だったりなど、ほんの一部分についてが少々複雑なものとなっています。
ですが、そういった特別な読みをするところについてとドイツオリジナルのアルファベットさえしっかりマスターしてしまえば、発音に悩むこともありません。

たとえば、普通の場合は『e』を『エ』と発音します。
しかし、『ei』となった場合には『アイ』という発音にかわるのです。
ドイツではこれが当たり前のこととなっているので、日本人で『Eisuke(エイスケ)』という名前の人の場合、『アイスケ』なんて呼ばれてしまうこともあるんだそうですよ。
『ei』の他にも、『eu』は『オイ』、『ie』は『イー』、『sch』は『シュ』となっています。